不動産会社の査定価格を信じていいの?

自分の不動産がいくらで売れるのか、気になりませんか?

不動産を所有していれば、いくらで売れるのか気になりますよね?

今すぐに売却は考えていない場合は、不動産会社に査定を依頼することはないでしょうが相場は知っておきたいところです。また、実際に売却を検討中の場合は不動産会社が提示する査定が適切なのかを判断する材料として相場を知ることは大切です。

指定流通機構による「レインズ・マーケット・インフォメーション(REINS)」国土交通省による「地価公示(公示価格)」などを利用して調べる方法があります。

当社では取り扱いのエリアに絞り込んだ過去の販売事例を独自に掲載しています。相場を知る手段の一つとして是非活用ください。

査定価格はどのようにきめるのか

不動産会社が査定価格を決める方法はいくつかありますが、最も一般的なのは「取引事例比較法」と言われるものです。対象不動産と条件が近い物件の取引事例を多く収集し、取引価格の事例から必要に応じて対象物件の事情補正や時点修正を行い、地域要因や個別的要因を含め比較評価する方法です。マンションであれば、同じマンションや近くの物件で取引が行われた事例を探し、できるだけたくさんの成約事例を収集して決めていきます。

居住用不動産を査定するのに一般的なのは「取引事例比較法」ですが、感覚的な判断でもありますので、評価する鑑定士により評価内容に差が生じます。

売りたい価格と売れる価格

不動産会社が出してくる査定価格は自分が売りたい価格よりも低いものになることが多いのです。ここに「売りたい価格」と「売れる価格」の違いが生じます。

売主には自分の物件はできるだけ高い金額で売りたいのでしょうが、市場に出す以上、相場からかけ離れた金額で市場に出しても売れなければ仕方ありません。ですから、売り出し価格の検討は慎重にしていただくことをお勧めします。
当社では売却の事例を多く扱っております。不動産売却の経験豊富なスタッフが懇切丁寧にお手伝いさせていただきます。ご相談はこちらまで。