新築戸建を希望価格で買う!

*このコラムについては売主業者様にとっては気分を害される方もいるかと思います。でも誤解のないように、事前にお伝えしておきます。当社は何でも安く売ってもらおうとは考えておりません。売主様の利益は当然守られるべきです。そのうえで、買主様との交渉余地範囲内で金額の折り合いを付けたいと思います。無理な値下げや根拠のない指値(さしね)は当社も受け付けておりません。仲介業者という立場は買主様と売主様の相互の利益を最大限見込めるポイントが取引の決着点だと考えます。ですので売主業者様もこちらのコラムを読まれても気分を害されませんようにお願いします。

 

■新築戸建てを希望価格で買うことはできるのか?

(例1)

3000万円で物件を探している。でも気に入った物件は3180万円。建物は現在建築中。という場合は3000万円で取引できる可能性は極めて高いでしょう。

(例2)

3000万円で物件を探している。でも気に入った物件は3180万円。建物は既に完成している。先日も100万円値下げしたばかり。という場合は3000万円で取引できる可能性は極めて低いでしょう。

(例3)

3000万円で物件を探している。でも気に入った物件は3180万円。建物は既に完成している。1ヶ月前に100万円値下げした。という場合は3000万円で取引できる可能性は高いでしょう。

 

売主業者様が買主様の指値に応じるかどうかは、売主側の方針もあるので一概には断言できませんが、ふじみ野市内で取引されている案件を整理すると上記のような結論になることが多いです。

 

売主業者様は

土地の仕入れ値+建物建築費用+利益+“値下げ幅”=売出し値と考えます。

つまり“値下げ幅”の範囲内であれば交渉に応じて、早く売却したいと考えます。だからと言って売り出してすぐに500万円.600万円の交渉に応じることはありません!ネットアクセスや電話反響など、全体のお客様の反響を見ながらの値下げになります。

しかし早くお客様と契約できるのは売主業者様にとっても望ましいことなので、指値交渉には応じやすくなるでしょう。

結局は交渉の範囲が許容範囲かどうかということになるでしょう。

 

私達は実際の取引を日々対応する中で、その許容範囲を感じながら交渉させて頂きます。結果的にお客様のご要望に沿えないこともあります。

でも売主様、買主様がウィンウィンの関係になれるポイントを模索しながら対応させて頂きます。

 

ですので、お客様が新築戸建を希望の価格で購入できるかどうかは

物件の販売状況とお客様のご希望金額を総合的に判断させて頂き、可能であれば売主様と具体的な交渉をさせて頂きます。

 

でもご注意頂きたいたいのは、売主様も必死に交渉しますので、希望額に応じてくれたのに「やっぱり止めた!」は先方に失礼になりますのでお気をつけください。