撮影力に自信あり!

物件撮影

■私たちは一つ一つの物件に真剣に向き合います。

 

スタッフみんながカメラを持って物件撮影に行きます。

・新着情報をその日のうちに撮影。

・新築戸建ては建築工事が進めば撮影して、完成したら室内も撮影。

・土地も古家があってもすぐに撮影。更地になったら撮影。

 

■どうして物件撮影に力を入れるのか

・物件を見に行ったら“思ってのと全然違う”なんて残念なことありませんか?

時間を無駄にした感じがしますよね。

その無駄を徹底的に0にしたいと思います。そのためにもHPで物件の詳細を事細かに公開します。

また会社によっては“魚眼レンズ”を使って部屋全体を撮影する会社もありますが、部屋の狭い・広いはとても大事なことです。狭い部屋は狭く、広い部屋は広く伝えるのが大事です。

 

■具体的な撮影方法

・土地の場合

→:必ず撮影するアングルです

→:周辺が駐車場などの空き地だった場合撮影するアングルです

 

・戸建ての場合

土地の撮影アングルと併せて下図のような撮影をします。

→:室内撮影のアングルです。

実際には→の3倍以上は撮影していますが、間取り図が真っ赤になるため簡略化しています。

■具体的な撮影箇所(建物)について
・玄関ドア
・玄関タイル
・シューズクローゼット(開閉前後)
・LDKをアングル毎に撮影(10枚前後)
・キッチン全体
・キッチン流し部分
・コンロ
・食洗機
・キッチンの収納
・インターフォン
・洗面所
・洗面台(鏡内の収納部分や洗面台下の収納部分も含む)
・洗濯機置場
・浴室
・浴室リモコン
・トイレ(本体含めて4枚ほど)
・階段
・2階廊下
・各部屋を3枚ほど
・各部屋の収納開閉前後
・2階トイレ(本体含めて4枚ほど)
・バルコニー
・バルコニーから見える景色
以上が建物撮影の具体的な箇所になります。
物件によって撮影内容は異なりますが、HPで詳細にお伝えできるように現地で判断して撮影しております。