今月3本目の売買契約となります

公開日:

カテゴリー: 未分類


今日はT様の中古戸建て売買契約です。

現金一発決済のため、契約と決済を同時に行います。

契約も簡略的に行いますので、契約開始から決済まで1時間ほどを予定します。

 

通常の売買契約は「契約」から「決済」までの間に買主、売主双方に対して

制約を設けています。その決まりごとを守れなかった場合は「違約金」などが設けられています。

 

例えば、手付解約や融資特約、契約不適合責任などがあります。

 

でも今回のように契約と決済が同時実行の場合は、それらの制約がほとんど意味を持たなくなります。

 

契約してから決済までの間は正味10分ほど。司法書士が書類を作成して内容を確認しているくらいの時間です。その間にトラブルが発生することは考えられません。

例えば売主が買主から頂いたお金を持って、その場から逃げたり、その10分の間に天災地変が起こったり・・・

 

極めて考えられない事が発生した場合でない限り、売買契約書に記載されている制約は意味がなくなります。

 

ですので、私たちからするととても安心できる取引であるのは確かです。

でもこのような取引は一年で1件あるか無いか・・・

それだけ珍しい取引ではあります。

 

そして今日の取引で今月3件目の売買契約となります。

今月もバタバタしていたので、3件も契約していたのを忘れていました・・・

ちなみに賃貸契約も今月は3件ありますので、余計バタバタしていたんでしょうね。

 

もう12月も迫って来ています。

12月は年末の準備があるので仕事以外も忙しくなります。

去年も、一昨年もそうですが本当に本当にバタバタの12月。

思い出しただけでも息が切れてきた~

 

11月の今のうちにできることは、やりきっておきたいと思います(^^)