会社を興すということ

公開日:

カテゴリー: プライベートなコト


最近のニュースでチュートリアル徳井さんの脱税が取り上げられてます。

 

悪意があったのか分かりませんが

脱税は完璧にアウト!税理士を雇えば脱税を指示しない限り、そのような違法行為は発生しないはず。

 

徳井さんの事はよく分からないんですが

会社を興すと実は色々とやることがあるんです。

 

労災や雇用保険の加入、法人登記、税理士との提携など

結構色々とやることはあります。

 

業界によっては所属団体への登録だけで100万円近くかかります。その手続きには膨大な書類を提出することもあります。

併せて店舗を探して契約、内装打合せ。

事業展開の準備。

 

 

これらを一人でやっていると、見過ごしている点があることに気づくんです。

しかも結構期間が経ってから・・・

 

気づいた時点で、すぐに手配すれば良いんですが

忙しさに任せて後手後手にしていると問題が発生する。

 

例えば「会社を興しました」と登記すれば

必要な手続きを法務局とかが教えてくれれば良いけど、そんな事はありません。

自分で調べないと分かりません。

誰かに教えてもらう必要があります。

 

仮に 運悪く 教えてくれた人が間違えて教えていたら

ミスに気づくのにもっと時間がかかるでしょう。

 

私の実例として

うっかりミスして、必要な手続きを済ませんていなかったことがありました。

もちろん外注でプロにすぐに対処してもらいました。

問題も発生しておりませんが、全部手続きは終わったと思ったのに寝耳に水でした。

 

会社を興すって

本当に簡単ではないことが分かりました。

もちろん、2回目3回目となれば楽になるんでしょうね。

 

今回のチュートリアル徳井さんの件も

どこまで悪意があるのか知りませんが

忙しい方だからこそ、プロに任せる分は完全に任せれば良かったのにと感じます。